後悔しない家づくりの無料相談はコチラ→ とりあえず相談

【住んで安心】水害に強い家の4つの特徴!対策やおすすめのハウスメーカーも紹介

「水害に強い家の特徴はどんなものがある?」
「どう対策すればいいの?」
「おすすめのハウスメーカーや商品はある?」

日本は台風や豪雨による水害が多いといわれています。そのため、住宅を建てる際には、水害に強い家を建てる必要があります。

水害に強い家とは、水害の被害を受けにくい土地に建てられた、浸水対策をしている強度が強い家のことです。

あき

しかし、水害に強い家を建てるには具体的にはどうすればいいかわからないですよね。

この記事では、大手ハウスメーカーで15年間住宅販売をしてきた住宅のプロが、以下の内容について解説します。

  • 水害に強い家の特徴
  • 対策
  • おすすめのハウスメーカー・商品
すーさん

水害に強い家を建てるには、ハザードマップを確認して水害が起きにくい土地を選ぶのも重要です!

水害に強い家を建てて安心して暮らしたいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

水害に強い家の4つの特徴

flood-resistant-house-01

水害から家を守るためには、床上浸水を防止することが重要です。国土交通省が推奨している床上浸水を防ぐ水害に強い家の特徴は以下の4つです。
参照:4-1-3 浸水の予防・人命を守る家づくり、国土交通省

  1. 盛土にしている
  2. 家の基礎が高い
  3. 家が高壁で囲まれている
  4. 建物自体が防水になっている

それぞれ詳しく解説します。

1. 盛土にしている

盛土(かさ上げ)とは、住宅を建てる前に土で敷地を高くすることです。敷地が周囲よりも高くなることで、水が氾濫した際に床上浸水を防げます。

すーさん

水は高いところから低いところに流れるので、敷地が高ければ水が流れ込むことはありません!

ただし、盛土をする工事費が追加でかかり、土砂くずれが起こる可能性もあります。また、建物の高さ制限にひっかかる場合や自治体への申請も必要になります。

盛土をする際には、事前に盛土が可能かどうかを調べたり、費用や条件をしっかりと確認したりするようにしましょう。

2. 家の基礎が高い

家の基礎が高いことも水害に強い家の特徴のひとつです。敷地全体は高くなくても、家全体が高いので床上浸水を防ぎやすくなるでしょう。

ただし、基礎部分が高くなると、建物の高さ制限(絶対高さ制限、斜線制限)の規制にひっかかるため注意が必要です。

また、規制内であっても、基礎部分を高くすることで隣家への日当たりに影響を及ぼすことも。基礎部分を高くする際には、ハウスメーカーや設計者としっかり相談するのがおすすめです。

あき

建物の高さ制限については素人にはわからないので、ハウスメーカーの人に聞くと安心ですね!

3. 家が高壁で囲まれている

防水性のある塀を使って家全体を囲むことで水害に強い家になります。塀をつくることで、敷地内への水の侵入を防げます。

すーさん

一般の家屋で見かけることは現状では少ないですが、今後広まっていく可能性がありますよ。

たとえば、車庫や玄関の入り口が道路よりも低い位置に設計されている場合に有効です。家の高さは変わらないので、高さ制限にひっかかることも、隣家と日当たりトラブルになることも少ないでしょう。

ただ、塀をつくることによって自分の家の日当たりが悪くなる可能性があります。

4. 建物自体が防水になっている

水害に強い家では、耐水性の外壁を設けることで、建物自体が防水になっているのが特徴です。外壁が防水されているため、建物が水に浸かっても内部に被害が及びにくくなります。

玄関や窓も防水性が高く、密閉できる仕様にすることで浸水を防げるでしょう。

あき

家の中に水が入ると家具や家電にも影響が出てしまうので、内部への浸水は防ぎたいですね!

ただし、水位が上昇することで建物が浮き上がる可能性があります。浮き上がりを防ぐためには、基礎部分の接合をしっかりと行いましょう。

水害に強い家にするための7つの対策

flood-resistant-house-02

水害に強い家にするための対策は以下の7つです。

  1. 周辺よりも高い位置に建築する
  2. リビングやキッチンなどの設備を2階や3階にする
  3. 避難用に屋上スペースをつくる
  4. 電気設備を高い位置に設置する
  5. 浸水口に土のうを敷く
  6. 外壁や屋根のメンテナンスを定期的に行う
  7. 側溝や雨どいを定期的に掃除する

それぞれ詳しく解説します。

1. 周辺よりも高い位置に建築する

すーさん

水は高い場所から低い場所へ流れるので、低い土地は水害の被害に遭いやすいです。

家を建てる土地が周囲よりも高いか低いかどうかは、地図情報や海抜、標高などで確認するようにしましょう。また、ハザードマップで土地の安全性を確認しておくと安心です。

ハザードマップとは、自然災害による被害を軽減したり、防災対策に使用したりするために作成される地図です。国土交通省の「ハザードマップポータルサイト」で詳細を確認できます。

関連記事「【保存版】買わない方がいい土地の10の特徴!いい土地を選ぶコツやチェックリストも紹介」では、避けるべき土地の特徴を徹底解説しています。ぜひチェックしてみてください!

あわせて読みたい

2. リビングやキッチンなどの設備を2階や3階にする

水害に強い家にするためには、リビングやキッチンなどの設備を1階ではなく、2階や3階に設置するのがおすすめです。自宅が浸水して1階部分が使用できなくなっても、生活の基盤が2階にあれば被害を抑えられます。

あき

1階を駐車場や寝室などにしておけば、自宅内の家具や家電などへの影響を最小限にできますね!

一般的に地面から1階の天井までは高低差が3mあるので、浸水深が3mのエリア内であれば、2階までの浸水は防げます。

3. 避難用に屋上スペースをつくる

浸水予想が3mを超えて、2階以上まで浸水する可能性がある際には、避難用に屋上スペースをつくりましょう。水害の際には、垂直避難が重要です。

垂直避難とは、水害時に身の安全を確保するために自宅や居住建物の上階へ上がること。

すーさん

屋上があれば短時間で高い場所に避難でき、命を守る行動が可能です!

4. 電気設備を高い位置に設置する

エアコンの室外機や分電盤、温水ヒーターなどの電気設備を高い位置に設置しておけば、浸水しても故障を防げます。

すーさん

分電盤は、電力会社から送られてくる電気を変換して各部屋や階に分配する装置であり、浸水すると電気が一切利用できません。

インフラにかかわるものを高い位置に設置しておくことで、災害時の生活が救われることがあるでしょう。

5. 浸水口に土のうを敷く

玄関といった水の侵入口を土のうで塞ぐことで、自宅への浸水を防げます。土のうを隙間なく敷き詰めて、互い違いになるようにずらして積み重ねると効果的です。

また、ブルーシートも一緒に利用するとより浸水を防げます。

あき

土のうはホームセンターにも売っているので、すぐに対策できますね!

土のうがない場合には、ポリタンクやプランターをレジャーシートに巻いて利用できます。土のうを保管しておく場所がない場合や土がない場合には、水で膨らむ土のう袋の利用もおすすめです。

6. 外壁や屋根のメンテナンスを定期的に行う

外壁や屋根が劣化すると雨水が家の中に染み込んだり、雨漏りが発生したりする可能性があるため、メンテナンスを定期的に行いましょう。外壁のひび割れがないか、屋根に破損がないかを確認しておくのがおすすめです。

すーさん

メンテナンスを定期的に行っておくと、台風や豪雨のときにも安心ですね!

費用はかかりますが、万が一の際に安心して過ごすためには定期的なメンテナンスが必要です。

外壁については、関連記事「【一覧表】新築外壁の種類・色の選び方!素材別の特徴や費用の目安を解説」で詳しく解説しています。ぜひチェックしてみてください!

あわせて読みたい

7. 側溝や雨どいを定期的に掃除する

側溝や雨どいに落ち葉やゴミなどがあると、排水がうまくいかない場合があるので、定期的に掃除をしましょう。掃除するタイミングを1か月に1回や、2か月に1回と決めておいて、ゴミで側溝などが詰まらないようにするのがおすすめです。

あき

側溝の掃除は大変ですが、定期的に行っておくと災害時にも安心して過ごせますね!

ここまで、水害に強い家の特徴と対策を紹介しましたが、本当に大丈夫なのか不安に感じる方もいるかもしれません。

水害に強い家を建てたいけれど、どうすればよいか迷っている方は「すーさんの相談窓口」に相談してみてくださいハウスメーカーで15年にわたり数々の相談に乗ってきた家づくりのプロが、水害に強い家にするための秘訣をお伝えします。

すーさん

ポイントだけでなくおすすめのハウスメーカーも紹介できます。相談は無料なので、お気軽にご連絡ください!

\ ノープランでOK /

水害に強い家をつくれるおすすめのハウスメーカー・商品5選

flood-resistant-house-03

水害に強い家を建てられるおすすめのハウスメーカーと商品を5つ紹介します。

  1. 一条工務店|耐水害住宅
  2. ユニバーサルホーム|床下浸水がありえない家
  3. サンヨーホームズ|水害に負けない安心の暮らし
  4. ヤマダホームズ|水害対策仕様の家
  5. へーベルハウス|ロングライフZEH

順番に見ていきましょう。

なお、おすすめのハウスメーカーについては、関連記事「【2023年最新】ハウスメーカーのおすすめ20選!失敗しない選び方やよくある質問も解説」で解説しています。ぜひチェックしてみてください!

あわせて読みたい

1. 一条工務店|耐水害住宅(水に浮く家)

flood-resistant-house-04
出典:一条工務店の耐水害住宅 – 豪雨や洪水による床上、床下浸水に耐える家

一条工務店の「耐水害住宅」は、水害による浸水・逆流・水没・浮力にそれぞれ対応した世界初(※)の住宅です(※2020年8月一条工務店調べ)。

あき

2020年から販売を開始しており、水の浸入を防いで災害後すぐに生活復旧可能であると評価されています。

水害時の4つのリスクに対応しているので、水害にあっても被害を最小にできるでしょう。

すーさん

一条工務店は、標準仕様をモデルハウスで確認できるので、気になる方は展示場に足を運んでみるのもおすすめです!

2. ユニバーサルホーム|床下浸水がありえない家

flood-resistant-house-05
出典:床下浸水がありえない家・自宅の水害対策|注文住宅のユニバーサルホーム

ユニバーサルホームの「床下浸水がありえない家」は、床下空間が全くない独自構造をしており、水害や地震に備えられます。

すーさん

床下を土、砂利、コンクリートで密閉しています。

床下が密閉されていることで、床下浸水だけではなく、振動やシロアリに対しても強い家を建てられるでしょう。

3. サンヨーホームズ|水害に負けない安心の暮らし

flood-resistant-house-06
出典:水害に負けない安心の暮らし 耐水害住宅 | 新築一戸建て/注文住宅ならサンヨーホームズ

サンヨーホームズの「水害に負けない安心の暮らし」では、1階をRC(鉄筋コンクリート)造でガレージやフリースペースにし、2~3階をリビングやダイニングなどの居住空間にすることで、万が一浸水しても早期回復が可能です。

また、2~3階を軽量鉄骨造にすることで地震や台風の衝撃に耐えられ、外壁は火災の延焼も防げます。

すーさん

RC造は浸水しても躯体の強度は落ちないため、安心して住み続けられますよ!

4. ヤマダホームズ|水害対策仕様の家

flood-resistant-house-07
出典:「水害対策仕様」の住まい|ヤマダホームズ / 公式サイト|くらしをシアワセにする、ぜんぶ。

ヤマダホームズの「水害対策仕様の家」は、1階床下浸水レベル(地盤より1m浸水)未満を想定し、浸水ハザードマップで確認した浸水水位以上の高さの塀を設置しています。

また、浸水した場合には排水しやすい工夫を施し、被害を最小限にするような設計を実現。浸水した場合にも生活が維持できるような間取り(2階にキッチンや浴室)や、1階と2階の分電盤を分割させるなどの対応も可能です。

あき

避難用のバルコニーも相談できます!

5. へーベルハウス|ロングライフZEH

flood-resistant-house-08
出典:ロングライフZEH | へーベルハウス | 旭化成ホームズ
すーさん

へーベルハウスの「ロングライフZEH」は、旭化成独自の素材である「ネオマファーム」とALCコンクリート「へーベル」を使用し、災害に強いとされています。

また、太陽光発電と蓄電池によりエネルギーを生み出せるため、災害時も日常生活を維持しやすいでしょう。

へーベルハウスの住宅は、2015年9月の「平成27年9月関東・東北豪雨」の際、決壊した堤防からわずか100メートルほどの場所に建てられていたにもかかわらず、洪水に耐えたことで話題になりました。

あき

災害に遭った場合にも、太陽光発電があることで電気を利用できますね!

水害に強い家の特徴・対策を理解して安心した生活を送ろう

flood-resistant-house-09

水害に強い家を建てる前には、水害に強い家の特徴、対策を把握しておくことが重要です。まずは、ハザードマップを確認し、建築する土地が災害に強い場所かどうかを確認するのがおすすめです。

あき

ただ、家を建てたことがない人にとっては、土地選びや水害に強い家を建てられるかどうかの判断は難しいでしょう。

住んでいる地域にあった対策や土地選びについてわからない方は、専門家に相談するのがおすすめです。土地にあった対策や、土地選びについてもアドバイスをしてくれます。

すーさん

「すーさんの相談窓口」では、ハウスメーカーに15年間勤務した私がじっくり話を聞いて、悩みを解決に導きます!

これまで5,000名以上の方が相談してくれて、数々の不安を解消してきました。後悔のない家づくりをしたい方は、ぜひお気軽にご相談ください!

\✅70,000人がフォローするインスタにも遊びにきてね/

すーさんの家づくり無料相談

この記事を書いた人

失敗&後悔しない家づくりに関する情報を発信|家づくりが楽しすぎて家オタクと化した30代主婦|家づくり中に会いたい女No.1と呼ばれるまでに|Instagramアカウントはフォロワーさん6.8万人超え|家づくりの事を徹底リサーチして分かりやすく伝えます

目次