後悔しない家づくりの無料相談はコチラ→ とりあえず相談

【我慢は終わり】新築に防音室を設置する費用はいくら?メリット・デメリットも紹介

「新築では周りを気にせずに音を出したい」
「新築に防音室を入れるといくらかかるの?」
「防音室をつくって失敗するのは避けたい」

新築に防音室を入れたいと思っているものの、希望をどこまで叶えられるのかわからず、二の足を踏んでいる方はいないでしょうか。

あき

通常より費用もかかるのではないかと思い、本当に設置できるのか不安ですよね…。

この記事では、大手ハウスメーカーで15年間勤務し、現在は家づくりをサポートしている筆者が、以下の内容を解説します。

  • 新築に防音室を設置するポイント
  • 費用相場
  • メリット・デメリット
  • 失敗しないためのコツ
すーさん

新築に防音室を設置するときのチェックポイントが網羅でき、安心して間取りへ組み込めるようになります。ぜひ最後までお読みください!

目次

新築に防音室を設置する前に押さえておきたい3つのポイント

新築に防音室を設置する前に押さえておきたいポイントは以下の3つです。

  1. 使う目的をはっきりさせる
  2. 遮音等級がどこまで必要かを検討する
  3. 防音室の種類を把握する

事前にチェックしておくだけで、防音室を設置するイメージが明確になります。

1. 使う目的をはっきりさせる

部屋の広さや防音のレベルなどを決めるためにも、新築に防音室を入れる目的をはっきりさせておくことが大切です。

防音室は、使う目的によってカスタマイズして、初めて有効活用ができます。目的は、主に以下のようなものが考えられます。

  • 楽器の演奏
  • テレワーク
  • ネット配信
  • ホームシアター

また、どの楽器を演奏したいかによっても、適した防音室の形状が変わることも。身体を動かしながら演奏するため、ある程度の広さや天井高が必要な楽器もあるでしょう。

あき

せっかく新築に防音室をつくるなら、目的に沿ったものをつくらなければ後悔してしまいます!

2. 遮音等級がどこまで必要かを検討する

すーさん

遮音等級とは、室内の音が外へどこまで伝わりにくいかをあらわす指標です!

遮音等級まで検討すると、自身が求めているレベルの部屋をつくれます。

遮音等級楽器の外部への伝わりにくさ
D-65聴こえない
D-60ほとんど聴こえない
D-55わずかに聴こえる
D-50多少聴こえる
D-45かなり聴こえる

楽器を演奏するのであれば、D-60以上が求められるケースが多いでしょう。一方で、テレワークが中心であれば、D-50程度でも問題ない場合があります。

目的にあっていない遮音等級で防音室をつくると、隣家へ音が漏れトラブルにつながります。

あき

新築で防音室をつくるときには、遮音等級まで意識してみてください。

3. 防音室の種類を把握する

新築でつくれる防音室は、以下の2種類です。

スクロールできます
種類特徴
ユニットタイプ・室内に箱型の防音室をさらに設置する
・安価で設置できる
工事タイプ・室内全体を防音室にする
・広さや遮音性能を広くにカスタマイズできる
▲モバイルはスライドできます▲

新築で防音室を検討する場合は、工事タイプを選ぶケースがほとんどです。ただし、Web会議でのコンパクトな使用のみで問題ない場合は、予算とあわせてユニットタイプの検討もするといいかもしれません。

新築の防音室の費用は250万円程度

新築の防音室の費用は、どの程度防音性を求めるかや、広さなどによって変動します。一般的には、250万円程度を想定しておきつつ、ハウスメーカーと相談しておくとスムーズでしょう。

防音性の高い部屋をつくりたいのであれば、新築のタイミングを狙うことをおすすめします。壁や窓など、防音を考えた設計でつくれるため、後から付けるよりもトータルコストが下がるためです。

すーさん

性能と予算のバランスをハウスメーカーと相談しながら、納得のいく防音室をつくりましょう!

新築に防音室を設置する3つのメリット

新築に防音室を設置するメリットは以下の3つです。

  1. 住宅ローンにふくめられる
  2. 理想の防音室がつくれる
  3. 防音室を中心とした間取りをつくれる

順番に見ていきましょう。

1. 住宅ローンにふくめられる

住宅ローンに防音室をつくる料金をふくめてしまえば、一度に大きな金額を払う必要はありません。

あき

防音室をつくるのには250万円程度かかる場合もあるので、一括で支払うのは大変ですよね。

新築のタイミングは、予算が理由でつくれなかった防音室を住宅ローンに組み込むチャンスです。住宅ローンは最長で35年の契約ができるため、長期的な目線で防音室をつくる計画を立てられます。

初心者に最適な住宅ローンの選び方については関連記事「【後悔しない】初心者に最適な住宅ローンの選び方5ステップ!失敗を防ぐポイントも紹介」で解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

あわせて読みたい

2. 理想の防音室がつくれる

防音室をリフォームでつくる場合、すべての理想を組み込むことは難しいかもしれません。

一方で、新築の時点で防音室を設置すれば、部屋の広さや防音性能など、予算の許すかぎり希望に添った設計が可能です。

すーさん

たとえば、天井高もカスタマイズできるため、大きな楽器でも気にすることなく演奏できます。

防音室で叶えたい夢がある人こそ、新築のタイミングでの検討をおすすめします。

3. 防音室を中心とした間取りをつくれる

防音室の設置を前提とした間取りをつくれるのは、新築ならではの強みです。

あき

たとえば、リビングと防音室を隣接させれば、家族で気軽に使えるような間取りもつくれます!

新築以外で防音室をつくると、既存の間取りを軸にして設計するしか選択肢がありません。防音室を中心にして家づくりをしたいのであれば、新築のタイミングが適しています。

自身の理想の間取りがわからず悩んでいるのであれば、無料で多くの提案がもらえるタウンライフがおすすめです。防音室をふくめた家づくりのイメージを伝えるだけで、プロの目線でつくる間取りのアイデアを吸収できます。

タウンライフの詳細は、関連記事「【希望が叶う】理想の家を実現する間取りの決め方を徹底解説!無料でプロに依頼する方法を紹介」で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

あわせて読みたい

新築に防音室を設置する2つのデメリット

新築に防音室を設置するデメリットは以下の2つです。

  1. 初期費用が発生する
  2. 部屋に熱がこもりやすくなる

後悔しない防音室をつくるためにも、間取りに組み込む前の確認が必要です。

1. 初期費用が発生する

防音室は、一般的な間取りの住宅に比べて、初期費用がかかります。防音性能を高めるために、特別な資材を発注し工事をする必要があるためです。

たとえば、ドラム演奏を気兼ねなくする目的で防音室をつくると、防音性能を上げるため250万円以上かかることも珍しくありません。

あき

予算によっては、坪数を減らすなど、家自体の金額を下げる必要が出てくるかもしれませんね…。

とはいえ、新築をつくる時点で防音室を導入すれば、初期費用を住宅ローンにふくむことが可能です。予算計画が立てやすくなるため、防音室をつくる夢を叶えやすくなるでしょう。

2. 部屋に熱がこもりやすくなる

防音室は、外部に音が漏れるのを防ぐため、部屋内の気密性を高める必要があります。

すーさん

気密性とは、室内の隙間がどれだけあるかの指標で、高いほど空気が外に出ていきません。

気密性が高いと、換気性能が悪くなるため、室内に熱や湿気がこもります。とくに夏場が暑くなり、防音室での生活をつらいと感じてしまうかもしれません。

部屋に熱がこもりやすくなるのを避けるためには、専用の換気扇を設置し、空気を循環する仕組みをつくることが大切です。

あき

また、長時間にわたり防音室を使う予定がある場合、エアコンの設置を前提にするといいでしょう。

新築の防音室で失敗しないための4つのコツ

新築の防音室で失敗しないためのコツは以下の4つです。

  1. 多目的で使えるようにする
  2. 防音室の施工が得意な会社に依頼する
  3. 有線LANを引いておく
  4. ドアや窓の性能を上げる

ひとつずつ解説していきます。

1. 多目的で使えるようにする

防音室をひとつの目的のためだけにつくると、ライフスタイルの変化がきっかけで、使わなくなる可能性があります。

すーさん

楽器演奏をしなくなると同時に、防音室の使用をやめてしまうことも考えられますよね。

防音室を使い続けるためにも、多目的で使えるようにしておくことをおすすめします。たとえば、楽器演奏だけでなく、ホームシアターとして使える間取りにしておくだけで、長く使える部屋をつくれるでしょう。

2. 防音室の施工が得意な会社に依頼する

新築で防音室の導入が確定している場合は、依頼する住宅会社をしぼる意識が大切です。防音室は、一般の部屋と違い、防音性能を満たすためのノウハウが欠かせません。

とくに、高い防音性能を求めるのであれば、施工実績が豊富な住宅会社を選ぶべきでしょう。

あき

事前に具体的な防音室への希望を伝え、対応ができる住宅会社と家づくりを始めてみてください!

防音室をふくめた間取りの検討をしているけれど、なかなか考えがまとまらず悩む場合は、プロに相談をしてアドバイスをもらう手が有効です。

すーさん

私は、営業担当者への講師をしている家づくりのプロです!間取りの相談に加えて、土地についてのアドバイスも実施しています。

「すーさんの相談窓口」では、丁寧なヒアリングをもとにして、あなたにぴったりの住宅会社の紹介も実施しています。家づくりをなにからスタートすればいいかわからないのであれば、ぜひ一度ご相談ください!

\ ノープランでOK /

3. 有線LANを引いておく

防音室は、外部へと音が漏れるのを防ぐ目的で、使う資材を重くする傾向があります。そのため、室内の電波が弱くなることには注意が必要です。

電波が弱いと、テレワークやホームシアターとして使いたいときに、快適な利用ができません。有線LANをあらかじめ引いておくと、電波に関係なく光回線を使えます。

すーさん

有線LANは、新築時であれば壁のなかに配線ができるため、見栄えを損ないません!

現状は有線LANが必要なくても、将来的に使う可能性を考慮し、設置しておくことをおすすめします。

4. ドアや窓の性能を上げる

失敗しない防音室をつくるためには、ドアや窓の性能を上げることが大切です。

たとえば、一般的にリビングへ設置をしている引き違い窓は、防音性能が高くありません。

あき

縦すべりや横すべりの窓のほうが、防音室への設置に適しています。

ほか、木製ではなく鋼製のドアを選ぶだけでも、部屋内の防音性能がアップします。しかし、ドア自体が重くなってしまうため、バランスを考えて木製のドアを選択するのもひとつの手です。

すーさん

部屋全体だけでなく、ドアや窓にまで気を遣うと、後悔しない防音室をつくれます!

新築の防音室は使用イメージを明確にしておくことが大切

理想の防音室をつくるために有効な手段として、新築の時点で間取りへ組み込むことが挙げられます。

あき

リフォームでは自由性に限界があるので、防音室をつくるベストなタイミングは新築だといえますね!

新築で理想の防音室をつくるためには、使用イメージを明確にしておくことが大切です。希望をはっきりさせておくだけで、広さや防音性などを用途にあわせた適正なものにできるでしょう。

失敗のない自分だけの家づくりをするためにも、新築の時点での防音室導入を検討してみてください。

自身がつくりたい防音室が新築に組み込めるのか不安な場合、プロに相談をしてアドバイスをもらってみてはいかがでしょうか。

すーさん

私は、大手住宅会社で15年の勤務経験がある家づくりのプロです。どのような小さな悩みでも、まずはお聞かせください!

「すーさんの相談窓口」では、適切な予算や住宅ローン額についてのアドバイスも実施しています。防音室をつくるための予算計画に不安がある場合は、ぜひ一度ご相談ください!

\✅70,000人がフォローするインスタにも遊びにきてね/

すーさんの家づくり無料相談

この記事を書いた人

失敗&後悔しない家づくりに関する情報を発信|家づくりが楽しすぎて家オタクと化した30代主婦|家づくり中に会いたい女No.1と呼ばれるまでに|Instagramアカウントはフォロワーさん6.8万人超え|家づくりの事を徹底リサーチして分かりやすく伝えます

目次